業務內容

自然災害の多い台湾では、被害を受ける可能性のある災害が3種類以上ある地域の人口の割合が世界で最も高い、73%に至っており、2種類以上では90%に至ると、2005年に世界銀行により示されています。
自然災害は人の安全だけではなく、経済への影響も大きいことが知られています。2014年にイギリスのVerisk Maplecroftにより、台湾は「極端に弱い」経済体の一つであると評価されました。台風、土石流、地震などの自然災害に遭いやすく、経済の脆さは日本、アメリカに次ぐ世界3位です。

詳細 自然災害リスクが高い台湾では、防災及び救援に関する多分野モニタリングネットワークに、付加価値を与えて応用することが、より重要です。政府と民間が共同で行う防災情報のBig Data、クラウド分析、IoT、低消費電力長距離の伝送技術に関わるスマート防災サービスは、政府、企業、民衆に対して、災害リスクの伝達及びリスク管理を行うことにより、生活の質の向上、企業防災の支援、災害による経済損失の減少に伴って、国内の防災産業のレベルアップも図ります。

世界中で都市化が加速しています。台湾でも、都市計画地域は狭いにもかかわらず、8割の人口が都市に集中するため、住宅価格の上昇、交通混雑、汚染の拡大などにより、環境収容力の上限に迫っていることが行政院主計所の統計結果で明らかになっています。
道路状況のような流動性データを利用し、Big Data分析を行うことで、スマート交通管理の提案に役立てることができます。例えば、リスクを下げるため、物流企業にリアルタイムの情報を提供し、最適なルートを計算し、被災地域を避けさせるようにします。乗客数が高い公共交通システムは自然災害に影響されたり、サービスを中断されたりしないように、スマート交通でサービスの質を向上することが将来のトレンドになります。

詳細 2017年に、無人運転バスが海外から上陸しており、自動運転車の安定性にはアルゴリズム、ICT、3Dマップの組み合わせが必要となります。今や高齢化社会になった台湾は、2018年に65歳以上の人口が14%を超えるため、自動運転車で将来年配者を送迎することは必然的です。

再生エネルギー及び多様なエネルギーを発展させることは世界的なトレンドになっています。総電力供給量の約12%を占める原子力エネルギーを代替しながら、火力発電の割合を下げるため、我が国は再生エネルギーの割合を2025年に20%にすることを目指しています。どうすればこの目標を達成することができるでしょうか。
同じく天然資源に乏しい日本は、近年再生エネルギー(風力、太陽光、小水力、バイオマスエネルギー)分野で速い成長を続けています。日本の経験を活かして、台湾でもGISを活用し、各地域発電のポテンシャルを分析し、最適な選択を可能にします。例えば太陽光発電は住宅の屋根でも、民間発電所でも、GISを利用し、太陽光のエネルギー量、建物データを用いて太陽光発電の発電効率を向上することを目標とします。

詳細 2000年から、台湾電力需要は毎年平均2%増加しています。2017年末に行政院長は、2040年にガソリン車の発売を禁止し、私有車両を電動化にすると宣言しました。これにより、グリーンエネルギー発電に関するスマートグリッド、エネルギービジネス、産業サプライチェーンの成長が推進されると予想できます。

2018年に、高齢化社会となった台湾は、8年以内に65歳以上の人口が20%を超えると見込まれています。労働力不足で、作業リスクの高い建設現場は、監測システム、IoT技術を通じて、スマート建設現場に転換することができます。
どうすれば建設プロセスをスマート化できるでしょうか。まず、自動制御、屋内測位、BIM、サプライチェーン管理を導入し、技術と生産工事を一体化させます。また、ロボット及び監測システムを現場に入れるため、ICT化調査を行い、現場における安全性を向上させ、作業のリスクを減らします。

詳細 それ以外にも、技術成熟度の高いドローンを用いれば、高速なクラウドコンピューティングを利用して、地図や3D地形図を作ったり、計測したデータにより、工事計画を立てたりすることが可能になります。これにより、人為的な操作ミスを減少させ、実地調査の効率を上げさせることができます。防災に関しては、建設工事にICT技術を導入し、スマート化施設に、浸水、火事、地震、台風などの災害を感知させます。同時に、IoTのモニタリングシステムと組み合わせ、排水、警告、エレベーター停止などの安全装置を即刻に起動できるスマート化した防災住宅を建設します。

世界の降水量調査によると、台湾は第2位の多降雨国でありながら、水不足の国ランキングでも第18位になっています。年間の平均降水量は世界の平均値の3倍に当たる2500ミリであり、水資源が豊かなように見えますが、7割の雨がすぐに海に流れ、実際に利用できる量は降水量の4分の1にすぎません。
世界の大都市ランキングトップ500のうち、4分の1の都市は水不足問題に直面しています。リアルタイム性、効率性、広域性、革新性の4つのスマート管理の目標を達成するため、現在水利署の推進している水資源IoT計画により、流域界データ収集量を増やし、情報を展開する速度を上げられると期待できます。

詳細 TTLが主張するスマート水資源管理と従来の管理の最大の違いは、低コスト、低エネルギー消費の監測システムを利用し、広い範囲に数多く設置することにより、リアルタイムに広域の水資源データを集められることです。同時に、情報プラットフォームと組み合わせ、データを整備し、情報共有速度をアップさせます。IoT技術を応用し、台湾の独特な地理環境で引き起こされる水資源の制御に関する課題を解決し、有効に一滴一滴の水を使用することを可能にします。

TEL:(02) 8978-3797

EMAIL:service@thinktronltd.com

ADDRESS:10087台北市中正區思源街18號3樓 卓越研究大樓309室

(R309, 3F., No.18, Siyuan Rd., Zhongzheng Dist., Taipei City 10087)

興創知能 股份有限公司 版權所有

© 2018 THINKTRON Ltd. All Rights Reserved.