【スマート水資源管理】


<スマート水資源管理 SMART WATER MANAGEMENT>

【3D GIS下水道地理情報管理システム】

本プロジェクトは3次元GISの設置にとどまらず、スマートシティの一環として具体的な実践計画を立てています

 

伝統的な二次元地理情報管理の問題点

下水道と他のパイプが地下で立体交差しており、掘削作業の際にミスの回避は困難

治水関連情報の統合はできていない:桃園市水務局内の治水情報と下水道GISシステムの相互情報交換、1つのインターフェイスへの統合が不可能

 

自動三次元地理情報モデルの利点

自動での3次元モデル化と3次元地理情報の規格化により、維持管理コストを抑える

多種類の治水情報と監視システムを統合し、下水道の浸水状況を把握。治水情報の統合により、冠水の原因を判断する

拡張現実(AR)を用いて、作業状況のリアルタイムでの把握を可能にし、スマートシティを目指す

BIMと統合し、3次元モデルとCCTVにより、シミュレーションとリアルの視覚統合を実現する

【土壌含水率と水資源の調節】

 一定条件下(場所・地下水面・土壌含水率)での川水排出調査モデルは、河川改修・河川周辺の農業と林業・浸食防止にとって非常に重要です。

 

川水排出調査モデルは、一定条件下(場所・地下水面・土壌含水率)での川水排出量の最も有効的な電子化計算手段です。国際航業は土地の利用状況や植生、土壌や地質学的な条件などを考えに含め、実用性と精度の高い、そしてリアルの再生が可能な川水排出予測モデルの計算を成功しました。

TEL:(02) 8978-3797

EMAIL:service@thinktronltd.com

ADDRESS:10087台北市中正區思源街18號3樓 卓越研究大樓309室

(R309, 3F., No.18, Siyuan Rd., Zhongzheng Dist., Taipei City 10087)

興創知能 股份有限公司 版權所有

© 2018 THINKTRON Ltd. All Rights Reserved.